So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

今後について

主役がいなくなった。

このブログ

さて、いったいどうしましょ。



主役がいないんだから閉鎖すべきでは。

とか。

継続するなら『モコの日記』ってタイトルを変える?

とか。


どれも一応、考えてたんだけど




ここはずーっとこの形で残したいなと

改めて思った。





ここには過去の記事で読めるモコがいっぱいいる。

それにみなさんとも縁あってここで出会えた。

まだこのブログを読んでくださる人がいるのも

私にとっては嬉しいこと。



きっとそれってここが

『モコの日記』だったから





なーーんて。

カッコよすぎかなww





だから

タイトルも

このまま『モコの日記』で

モコママの日常を書いていこうかな。



モコの写真も最近のは全然、載せていないので

少しづつ更新していくつもりです。


これからも気長につきあってくださいませ。

よろしくお願いしますm(_ _)m


※ただいま、ご訪問がナイスだけになっています。
申し訳ありません。時間ができたらコメントしに行きますね(^^*)





ここからはモコの写真。


こちら息をひきとる4時間くらい前の写真になります。






nnn1.jpg

わかりづらいかもしれませんが

黄疸で地肌や耳の中の色がかなり黄色になりました。

これを見ると痛々しく見えるかもしれません。

モコの目がパチッとしてるのはこの写真で最後でした。

私にとってはどんなモコでも愛するモコに変わりはありませんので

見てあげてください。

nice!(20)  コメント(13) 

大切なおしらせ

おはようございます
mmm1.jpg

2年ぶりの更新になります。




今日は大切なおしらせがあって
記事を書くことになりました。





約1週間前になりますが



6月6日(月)午前1時25分
モコが天国へ旅立ちました。
13歳でした。







私もショックが大きくてすぐには記事にできなかったことと
このような形でのご報告になりましたことお許しください。


nice!(7)  コメント(15) 

モコの闘病生活と最後

今後、どこかで役に立つ情報になるならと思ったので
私の記録としても残しておきたいので
記事にしておきます。
mmm2.jpg



モコの様子がおかしいと気づいたのは4月の後半です
4月25日ゆるゆるのウ○チから始まりました。
26日 朝、夜、ともに食後に吐く
27日 夜、食後吐く
28日 夜、食後に吐く

吐くのはいずれも少量の量で食後から1時間~2時間後
吐いた物は白い泡に包まれてる消化しかけの物でした。


動物病院にも連れて行き様子を診てもらいました。
この時の検査は検便検査ぐらいで
モコも吐いてるものの元気はあり食欲もあったので
私自身もあまり深く考えていませんでした。
なので様子を診るために
1週間分のお薬(下痢止め、消化酵素剤、他)をもらって帰ってきました。

お薬を飲ませて1週間、薬がきいているのかそんなに悪くもならず
元気になってきてたので治ってきていると完全に信じていました。

でも薬がきれ始めるとまた同じ状態で食後に吐くようになったので
また病院へ。この日が5月15日です。
ここでようやく血液検査、尿検査、超音波検査にいたりました。
血液検査でようやくALKP、ALT(GPT)の数値が高く
ALKPの数値は病院の計数機ではもう測れなくなってました。
とりあえず検査をしたことでこの時点でようやくですが
肝臓、消化器官系に問題があるのでは。と診断されました。
そしてここではもう検査ができないとのことで
大きな病院での検査を勧められました。
これからどうしますか?というところで話が終わりました。
とりあえず今、吐いているモコのために吐き止の注射をして帰宅しました。

5月16日
やっと、とても大変なことになってると気づいた私とモコパパですが
やれることならやってあげたいという気持ちは一緒でした。
なので慌ただしく、私は先生に検査についての相談に行きました。
そして江別の酪○学園大学付属動物病院での
検査に行くことになりました。
こちらでCT検査と細胞診検査をしてもらって細かいところを
明確にしてもらうことにしました。
ただ、こちらの酪○学園大学付属病院、予約制の病院で
病院からの紹介がないと行けないのと
午前中しか診療していないこと。
診察日が先生によって決まってること
モコの場合は体調が急に悪化していたため
私もかなり急ぎました。

先生が酪○学園大学付属動物病院に電話をしてみると
なんと、、、明日の10時にキャンセルが出たそうで
今すぐに私が行くと連絡できれば
すぐにでも検査をしてもらえるとのことでした。

運がいいのか悪いのか今ではここも分かれ道だった気もします。。。

でもモコの体調のことを考えると一刻でも早くという気持ちも強くて
私は明日の仕事を休みにしてもらいました。
そして明日の検査のためにモコの胸のレントゲンを
病院でとりましょうということになったので
夕方にモコを動物病院へ連れて行き
明日のための胸のレントゲンをとってもらいました。

それと同時に紹介状を先生が明日の朝までに作成するので
モコの胸のレントゲンとともに持って行ってくださいと言われました。

急な展開で江別の酪○学園大学付属動物病院に一人でモコを連れて行くことに。
不安はいっぱいでしたがモコのためにも時間を惜しんでられませんでした。

5月17日
もちろん車もなくタクシーにモコを乗せて行ってきました。

こちらの病院、初めて入りました。
酪○学園大学のバス停から酪○学園大学付属動物病院まで凄く遠くて
バスに乗せて動物を連れてくる方には大変だと思います。
(なので今後そんな方の為にも別な記事に書く予定ですのでお待ちください。)
いま、仮の施設での営業だったのですが待合室もかなり広く
朝10時前に9時30位には病院に到着。
モコに軽くトイレをさせてエレベータで3階へ
そして病院事務所へ受付をして、朝、動物病院で受け取った胸のレントゲン写真と
紹介状を渡しました。
待合室で待ってると次から次へをワンちゃんと飼い主さんが入ってきます。
みなさん2人連れできていてかなり心細かった私。。。
モコがワンちゃんを見てワンワンと吠えていました。
さすが落ち着きがないことw病気のワンコには見えない・・・。
そんななか10時ちょっと前に呼ばれて診察室に誘導されました。
診察室は6か所ぐらいあって先生1人にサブリーダーみたいな人が1人
それに生徒さんが3~4人ぐらい常についていて囲まれます。
はじめにされるのは問診です。
これは生徒さんがやるのでなんだかぎこちないです。
あと、私が感じたこととして紹介状を書いてもらったりはしてたのですが
心臓の薬をいつから飲んでますか?とか胸の腫瘍で手術したのはいつですか?
とか結構聞かれました。
私は完全に紹介状に書いてあるものだと思ってしまってました。
モコのこと。なにも調べずに行ってしまったのでだいたいの日でしかわからず
飼い主として恥ずかしかったです。

それから血液検査と超音波検査のためモコはここからずっと預けることになります。
約1時間30分くらい待ったところで検査結果が出されやはりあまりよくない状況と診断され
詳しく調べるためにCT検査と細胞診の検査をしますと言われました。
モコ自体は麻酔をかけることは大丈夫とのことですが
一応13歳なので麻酔をかけるリスクと
何かがあったときのための同意書にサインの説明を受けてサインしました。
また預けることに。。。
そしたら先生に検査に時間がかかるため3時に迎えに来てくださいと言われます。

他の患者のみなさんがワンちゃんに対して2人体制で来てるのもよくわかりました。
こーゆことがあるからですね。。。
私の場合は
えーえっと。。。車じゃないうえにバス乗り場まで遠い。。。周りにコンビニとかないし
どうしようかな。。。3時間ちょっとかぁ・・・・めっちゃ考えてました。
ちょうどお昼ちょっと前だったので、ダメもとでモコパパさんに
一回ここを出たいので迎えに来てとお願いしてみると
・・・意外とオッケーだった

なので一旦、おうちに帰りました。
それでもゆっくり休むことができずモコを連れて帰らなくちゃいけない事だけを考えて
体力をつけるためにもお昼をしっかり食べて水分補給しました。
この日、とても天気がよく暑かったのを今でも覚えています。
家にいても落ち着かず早めに家を出てバスでの移動。
バス停を探しながら歩きました。
待合室には3時前には着いてしまいました。。。
検査が主体なのでしょうか、、ここの病院には預けたワンちゃんを
迎えに来る人が次から次へと現れて先生の話を聞いてから
ワンちゃんを連れて帰っていきます。

3時前についたものの3時を過ぎても私は呼ばれることもなく
他のワンちゃん達が飼い主さんと帰っていくのを見ていました。
4時になっても全然呼ばれなくて
もしかしてなにかあったの?と途中、不安になったりしました。
もしくは私が一人で来ているため物音しなくて私の存在に気付かれてないとか・・・
いろいろ考えていたら16時30分くらいに呼ばれた気がします。
検査結果を聞きました。

CTの画像を見せていただき先生の説明が始まります。

お腹の中、肝臓の中、腫瘍が何か所か見られる
胆嚢、胆汁液が溜まる消化管の中に総胆管というものを
かえして流れていって縮んだり、溜まったりしていそうです。
モコの場合は流れが悪いようでちょうど管のところから
総胆管の管で拡張していました。
そして膵臓があるところもなんだかわからないけどぐちゃぐちゃしちゃっていました。
 
由来はわかりませんが
膵臓、肝臓、お腹の中、リンパ節、肺に腫瘍の様相があります。
中の腫瘍は進行した状況であります。
膵臓もおそらく腫瘍の影響が原因で(まだなにが原因かはわからないけども)
総胆管の中の胆汁液の流れがわるくなっていて癌を起こしている。
それに関係して肝臓の機能が悪かったり、胆汁の出方が悪かったりして
消火器小腸が荒れていると診断されました。

一番の問題は肝臓で、肝臓は7房に分かれているそうですが
モコの場合この時点ですでに2房がだめになっていました。
そして手術して、新しく胆汁液が流れる管を作るとしても
もう周りの器官がダメージをうけているので
手術したとしても長くはもたないということ。
このままにしておけば黄疸で死ぬということ。

全てが残酷な結果でした。

細胞診の結果は後で出るので今後の治療に対してのことも
こちらで提示できる選択肢の方を後日、連絡しますとのことでした。

モコがまだ麻酔から目覚めていないということだったので目覚めるまで
待合室で待つことに。。。。
CT検査でわかった結果はすごく残酷で涙が止まらず
ひとりで号泣していました。
絶望的なモコの状況を聞いて飼い主としてどうしたらいいのか
途方にくれました。
外は春でとても綺麗な桜が咲いている季節に私には重たい事実が
のしのしと襲い掛かりました。
腫瘍を見てくれた先生が癌と言われた事でかなりのショックでもありました。
今はそんなモコを連れて早くここから帰りたい。
そんな気持ちでいっぱいでした。
事務所は5時までだったようで事務の人に会計を頼まれて
会計を終わらせ、引き続きモコをずーっと待っていました。

それからたぶん40分くらい経ったころにモコが麻酔から目覚めました。
学生さんとサブリーダさんがモコを連れてきてくれました。
私に久しぶりに会えたのが嬉しかったようで尻尾をぶんぶん振ってました。
私はモコに会えた喜びがあって「すぐに帰ろう」と言って
自分が背負っていたモコ用のバックにモコを入れて
モコに服を着せる間もなくここを出ました。

モコが目覚めるまでにかなりの時間が経っていたため
モコパパが仕事が終わる時間帯になっていました。
なので迎えに来てもらうことにしました。
私はというとモコパパの車に早く乗りたくて大きい道路まで
モコをバックにいれ途方にくれながらも歩いていました。
モコも疲れたのでしょうか、牛さんをみても吠えることもなく
なぜか景色を一生懸命に見てるように見えました。
その後ろ姿がまた可愛そうで痛かったでしょ。ごめんね。
と言って頭をポンポンしたのを覚えています。
あの子はあの子なりにすごく頑張っていました。

帰ってきたら体が痛むのがふんふんと言いながら
寄り添ってきてました。
麻酔が効いていたとはいえ痛い検査だったのだなぁ。と
後悔したのは言うまでもありません。
それは2~3日ぐらい続きました。
今、思うとあの検査もかなり大事ではあったとは思いますが
モコの死期を早めてしまったように思えてなりません。


5月19日
いつもの動物病院に胸のレントゲン写真を返しにいくのと
CT検査の結果のCDをもらったので先生に渡しに行きました。
そして私達の決意も伝えに行きました。
もうこれ以上の手術も望んでません。
できれば大学病院ではなく
今まで通ってきたこの病院で
痛みからの緩和治療をお願いします。とのことでした。
大学病院からの検査結果を待つ時間も
私にしてみればもう
昨日の時点で先生と話したことでもう十分でした。
あとは私たちが決断するだけ。
黄疸で死ぬことも承知で緩和する治療をお願いしてきました。
何を話してももう泣けてきて辛い毎日の始まりでした。

ここから毎日
私は仕事をすぐに辞められる状況にもなかったので
モコパパと私、モコのため早く仕事から帰られるように頑張りました。
そんななかモコは最初は食べれた食べ物が
どんどん食べれなくなっていきました。

21日
私が仕事に行く前にお昼前に嘔吐。。。
病院に連れて行く時間がなくて泣きながら仕事に行きました。
なのでモコパパに連絡して仕事が終わったら病院に連れて
行ってもらえるように頼みました。

吐く原因としては
私は今までモコに食べ物に薬を入れて与えていたため
ご飯を食べないと薬も完全に飲めなくなりました。
それはもう通用しないとわかったので薬を直接
口に入れる練習をはじめました。
今からでは遅いと思いますが吐き止の薬を飲まないと
モコは水すら受け付けなくなっていたのです。
それに先生からはもうなんでもいいから食べれるものは
与えていいといわれました。
今まで食べていた物は匂いが嫌なのか
受け付けたくないのか
食べれないものは全く見向きもしなくなりました。
あんなに食欲旺盛だったのに・・・
それでもこのころはアイスをなめたり
流動食の手作りは食べてくれていたのです
少量ですけど。。。

5月23日吐き止の薬をだしてもらいました。1週間分です。
5月24日何も食べてくれなかったです。
ウ○コは固めの黒い色

5月25日調子がいいと少しは食べてくれました。
この日はウインナー1本食べてくれてました。
そしてアイスも舐めてくれた。
ちょっとでも食べてくれることに安心する毎日。

5月26日
たぶん。食べてくれたのがこの日が最後。
この日は会社に用事があったので3時間ほど家を離れて
急いでおうちに帰ってモコにあらゆるものを目の前に出す
そしたらミニトマト1個といっても皮の部分は食べれないので
剥いてあげたりしたので1個とも言えないかもしれないけど
それとウインナーを食べてくれた。

5月27日
私が風邪でダウン。。。
モコが近くで寄り添ってくれていました。
モコのほうが具合は悪いのにね。

5月28日
モコパパが帰ってきてしばらくして水を嘔吐したみたい
慌てて吐き止の注射をしに連れて行く。

5月29日
モコパパと一緒にモコはモコパパの実家へ
モコがもうおそらく最後になるとふんで
パパの実家に挨拶にいきました。
モコを持ちあげたら体重が軽くなっててびっくりしたとか。
それはそうです。

3キロあったモコの体重はもうすでに2.4キロになっていました。
モコ自身の皮膚や目の白い部分、耳の中、口の中すべてが
黄色くなっていきました。

5月30日
吐き止の薬を3日分もらう。。
前回28日に病院にモコパパが連れてきたときにステロイド剤を
使用するかどうか聞かれたそうで。
ひと時でも楽になるならしてあげてもいいのではないか。という話もでてたそうで
私は使用するのが怖くて副作用もあるかもしれない
でももう最後だし。いろいろ、悩んだ。。。
最後だしモコパパに決断を委ねた。
そしてこの日、吐き止の注射、ステロイド剤の注射、
吐き止の薬をもらって帰ってきた。

しかしステロイド剤が効いているのかはよくわからないけど
すやすや気持ちよさそうには寝ていた。
相変わらずご飯は全く食べてくれない。


6月1日
最近、何にも食べてくれないのに仕事から帰ってくるとウ○コしてあった。
真っ黒くて固めの。
いつのだろうか。。。
ウ○コしたのだからたべてくれるかなと期待する。

やっぱり全然食べない。
先生には心臓の薬は飲んでと言われていたけど
朝、夜2回もって
完全に無理な話で。。。
現時点での食べないモコにとって
吐き止の薬が一番大事でした。
というのも水はたくさん飲んでいたので
これを吐いちゃうのは可愛そうだから。
私は心を鬼にしてでも吐き止の薬は最後まで
飲ませることにした。

6月2日
水を吐く。
飲み薬の吐き止が効かなくなってきているのか
水すら受け付けなくなっているのか。。。
私は今日は休みで明日から仕事。
今、注射をしにいかないと
明日はどうなるかわからなかった。
モコをモコ用のバックにいれて歩いて病院へ行く。

モコはいつもモコバックの中ではお座りをして外の景色を
見ながら私が目的地に着くまで外を見ているのが好きなのだけど
このころは体力がなくずっとお座りができない。
でも顔は上に置いておきたかったみたいで
あごをかばんのふちに乗せながら
伏せの姿勢でバックの中にいた。
かなり不自然な体制。。。
モコなりに外を見たいのアピールだったと思います。
途中、公園でバックから降ろしてみるものの
もう立っていることも辛くなっていた。
すぐにバックに戻されて病院で注射して
モコパパに迎えに来てもらって帰宅。

6月3日
夕方6時近く、家にはいたけどモコのお世話してて全く気付かなかった。
江別の酪○学園大学病院から電話が来ていたみたい。
後から気づいた。
電話はしなかった。
だってもう何をいわれてもいい結果にならないことは明らかだったから。

6月4日
私の仕事終わりに合わせて
モコパパとモコと吐き止の薬がきれるので早めに貰いに行く。
先生から昨日、大学病院から連絡ありましたか?と聞かれる
ちょっ忙しくて電話に出れなかったのでというと。
細胞診の結果を教えてくれた。
やはり胸の腫瘍からきたリンパ腫である可能性であるということ。
3年前に手術したものが歳をとって免疫力が落ちたモコに
襲ってきたのである。
これを聞いたからと言って本当にもうどうでもよかった。


それにこの薬(吐き止)も、もう3日分もいらないかもとは思っていた。
すでにモコがもう普通に立っていられなくなっていたし
トイレも水を飲みに行くのもふらふらしていた。
起きている間は私やモコパパでなんとかできても
寝てる間はきっと一人で歩く。。。
このころから居間に布団をもってってモコを真ん中にして
寝るようになった。
私たちが居間にいれば一緒に寝ているモコにとっても
トイレも水も近いからそんなに歩かなくていい。

6月5日
日曜日なのにモコパパも私もよりによって仕事
なんとなくそろそろ最後なのはわかっていたから
一人にするのが凄く怖かった。
仕事に行く前はいつも号泣する私。
仕事に行くのがこんなに辛いと思ったのは初めてです。
この日は日曜で私も早く帰るのは結構難しかった。
でも無理言ってでも
どうしてもどうしても帰りたくて。
お願いして帰ってきた。
全速力で帰ってきたらモコはいつもの場所
ソファの自分のベッドで寝ていた。
息をしているのかを確認する。
していることがわかると安心した。
食べてないからだけど体力がないので力がないのか
水も飲まなくなってトイレも2回ほどしか行ってなかった。

いろんなことをパソコンで検索していて食べなくなってから10日ぐらいで
死んじゃうなんてことが書いてあった。
そろそろ本当に覚悟しなくてはいけないと考え始めた。

夜10時くらいになって前足がガタガタと大きく揺るれ痙攣を始めるようになった。
なんとなくだけど今日はもうトイレに一人で行けないと思った私は
モコにおむつをつけました。
それでも明日は仕事がある私たちは早めに寝ることに11時には居間に布団を用意して
もうほとんど動かないモコを真ん中に置いて私はモコの痙攣が止まるように
手をつかんで寝ていました。
それから1時間ほどたったくらいにモコが遠吠えみたいに
「うぉうぉうぉうぉーーーーー」と弱弱しいですが吠えたのです。
これを聞いてもう逝くのが近いと思った私は一旦、部屋の電気をつけました。
痙攣はずっと続いていてモコは本当に辛そうでした。
そのうちモコは私の手の甲に自分の顔を乗せてしばらく私を見ていたのです。
その時は気づきませんでしたが
後から思うとあれはきちんと、さよならの挨拶していたんだと思います。
その後、頑張って体をくねらせて後ろにいるモコパパの手の甲に顔を乗せていました。
ちゃんとさよならと言ってくれたのですね。
なんだかさっきよりは落ち着いてきたので大丈夫と思って寝ようとまた電気を消しました。
そしたら今度、ウ○コ臭いにおいがしてきました。
死の前兆で最後に出てしまうっていうのもパソコンで調べていたので
もしかして!と思ってモコパパに「モコが逝っちゃう!電気をつけて!」と言ってつけてもらった。
そしたらモコがもう逝ってしまってました。
私は「息をしてない!息をしてない!」ってモコパパに言っていると
一瞬、息を吹き返したみたいで「カッ」って言ってそれっきりもう動かなくなりました。
私はそんなモコを見て「もうがんばらなくていいよ。ありがとう。」って言ってました。
本当にいろいろ頑張ってくれたからもうこれ以上は苦しめたくなかったのです。


無理やり食べさせることもできたかもしれない。
でもそれはモコが望んでいないこと。
私のエゴになる。本当は別れたくない。
それはわかってるけど苦しむのももう見たくなかった。
いっぱい頑張っていたから。
本当に伝えたかったことは「ありがとう」これだけだったと思う。
nice!(2)  コメント(4) 

モコちんの弟。 [日々の出来事]

これは去年の話。



私の近所では花火大会がおこなわれていた



2014 008.jpg



そんなとある日


ひょんなことから

我が家に来ることになってしまった。


2014 005.jpg

ベタという魚



いままで
魚は飼ったことはあるけど
長生きできず・・・(==:


この子もそんな運命なんだろうな
なんて考えながらも


一生懸命に世話してきた


最初は
ビンで過ごしてきたけど

冬になったら寒いだろうと
ヒーターを買うことになり

今はモコパパに立派な水槽を買ってもらい
1匹で楽しそうに泳いでます
2014 006.jpg


たぶん
飼いやすい魚みたいで
もう半年くらい生きてくれました。

魚ですけどモコちんの弟です。

名前は次郎ちゃんです

よろしくね♪

2014 007.jpg

次郎ちゃんは人懐っこいので
指を水面にかざすとジャンプするようになりました

かわいいです♪




nice!(16)  コメント(0) 

2014年 あけおめ [日々の出来事]

出遅れました[たらーっ(汗)]

あけましておめでとうです(-w-


2014 001.jpg


それにしても
毎日
めっちゃ
寒い



最近の私の必需品

貼るカイロ
これないと生きていけない(TーT)


風邪も流行ってるしね。
みんなも気を付けて。






そんな中でも
モコちんは毎日お散歩に行ってます(*^^*)


2014 002.jpg

めっちゃ寒い日は
途中で歩かなくなるようになった(ーー:






そいでもって帰ってくると

2014 003.jpg

こんな事になってます[わーい(嬉しい顔)]
nice!(9)  コメント(0) 

新しくしました(´・ω・`;) [日々の出来事]

もう

かなり前のことだけど

写真だけ撮ってあったので

ブログアップしておこう[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

みなさん、お久しぶりです[手(パー)]


今日から時間ができそうなので
ご訪問してくださった方のところには遊びに行きます[手(チョキ)]



かなり前というのも。

モコちんの誕生日ごろの

ある日のことです

もこはうす4.jpg

モコちんが真剣にホリホリしてました。

ここはどこ??



それは


それは


それは・・・




変わり果てた





もこはうす2.jpg


モコハウス(笑)



なんでこんなことになっちゃったかというと

モコちんがハウスの壁をホリホリしたからなんですねーーー[爆弾]


でもなぜか


すごく


お気に入り

もこはうす3.jpg


気に入ってる[がく~(落胆した顔)]



そのせいで捨てるに捨てられずにしばらく

このまま放置してました。

でも



見た目もひどいので

誕生日プレゼントということで


もこはうす1.jpg

新しいハウスをプレゼントしました[わーい(嬉しい顔)]


これも壁がホリホリできる柔らかい素材なので

同じことになるのは目に見えてるんだけど




ホリホリしてるモコが楽しそうなので

いっかー[わーい(嬉しい顔)]ということで終わりましたとさ。


ちゃんちゃん。


nice!(14)  コメント(11) 

ε(*'-')з†.*・゚☆Happyヾ(゚∇゚)ノBirthday☆゚・*.†ε('-'*)з [日々の出来事]

タイトルどおり
今日

モコ10歳になりました
キャッヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャッ



そんなモコちん

いまだに子犬と間違われますが

もうこんな歳になっちゃいました。




毎日そばにいると当たり前のように思ってしまうけど

私にとってはモコはとても大事な存在です

これからも

ずっとそばにいてね( ̄ε ̄@)ぶっちゅ~




そんな感謝をこめて

今日はモコのために

ケーキを…





ケーキだと…モコにはカロリーが高いと考え

ケーキ風ごはん にしてみました。


モコ2013225-2.jpg

実はこのケーキ

いや、ごはん(笑)

野菜たっぷり

赤いのはトマト
オレンジは人参
緑はブロッコリー

見た目も綺麗にしてみましたよ♪

今日の夜ごはんにします


この方は待ちきれないようですが…

モコ2013225-1.jpg
nice!(19)  コメント(0) 

2013年 [日々の出来事]

なんかいつもの挨拶だけど

お久しぶりです[わーい(嬉しい顔)]

今年やっと更新できました。



年初めからドタバタしてた。

更新しようと思うと事件が起きるみたいな[がく~(落胆した顔)]


簡単に言うと コナンくんみたいな感じ。

出かけると事件に合うみたいな。

それにしてもコナンくんは事件に遭遇しすぎ(笑)

もちろん、モコママのは殺人事件ではないですよ[わーい(嬉しい顔)]




あ、

遅くなりましたけど今年もよろしくお願いしますね。




最近のモコです。

といっても・・・去年の写メです。

13603023188750.jpg


もうちょっとで10歳になります(*^^*)
nice!(16) 

暑い夏ぅ(-_-:)その時モコたんは… [日々の出来事]

( ゚д゚)ノ オフィサーッ!!

前回が冬なのに 

いきなり夏に更新(笑)


ある意味

冬の記事をこの時期に読むと

ちょっと涼しいかな とか・・・

(気分の問題かな( ´,_ゝ`)プッ)



毎日(;`×,_υ×)ゞ アッツィー…

オリンピックも24時間テレビも終わって

もう秋になるんだろうな って思うんだけど




でもなんだか

暑すぎて ちょっと夏バテぎみです[バッド(下向き矢印)]





この間

うちのモコたんが

変なポーズして涼んでたんで

写メ撮ってみたよ

atuine2.jpg


なんで片手が上にあるのか

atuine1.jpg

よくわかんないけど



写真を縦にしてみたら

お巡りさんが敬礼してるみたいな(笑)


だから「了解」っていれてみた[わーい(嬉しい顔)]

atuine3.png

いい感じ[ひらめき]







nice!(12)  コメント(12) 

雪遊び♪ [日々の出来事]

私の都合上

お散歩の時間は夜が多いので

写真を撮るのは久しぶり

bb1.jpg

子供みたいに遊びます


bb2.jpg


楽しいんでしょうね(笑

bb3.jpg
nice!(18)  コメント(15) 
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。